いつものスープ・ド・ポアソン

まだまだ大きな制約がある中、9月半ばから営業を再開し、少しずつ営業モードに戻りつつあるサンルスー。


あるお客様が、入店された途端「うーん、懐かしいいい匂い!」とおっしゃいました。今までほとんど気にしたことがなかったけれど、よく考えてみればこれは日常、頻繁にあった光景、聞いていたセリフです。なんだか一人で感動に浸ってしまいました。


営業再開に向けた仕込み中、「ん? この木べらで何かをつぶしているリズミカルな音と香ばしい香り……もしかして、スープ・ド・ポアソン?」



数年前、大切なお客様であり、素敵なお料理を創り出す料理家Uさんが、サンルスーのスープ・ド・ポアソンを、これまた素敵なある雑誌にご紹介くださいました。


スープ・ド・ポアソンは、ありそうでいてわりと食べられるお店が少ないとのこと。確かにおっしゃる通りで、我々もスープ・ド・ポアソンが大好きなのですが、なかなかお目にかかれません。おかげでたくさんのお客様がスープ・ド・ポアソンを食べにやってきてくださいました。Uさんも含め、フランス在住経験者にはなんとも懐かしい一品のようです。


あるお客様は、メニューに載っていると必ず「俺、いつものスープ・ド・ポアゾン」とご注文されます。黙って伺えばいいのに、毎回繰り返されるので、だんだんそのお客様がシェフ金子と一体化してきて、私の悪いクセ、お客様に対しても丸出しです。


「お客様! それでは『毒(poison)スープ! うちで作っているのはスープ・ド・ポアソン(poisson)ですけどよろしいですか?」


何十回もこのやりとりをしているのに、全く意に介さず、聞く耳持たない自由奔放なお客様。気づけば店内の空気が凍りついていますが、慣れているお客様やスタッフは、いつものことでへっちゃらです。


しかし、「とにかく作るのに手間のかかる」スープ・ド・ポアソンは、いつしかメニューから外れてしまいました。スープ・ド・ポアソン好きのお客様から、あまりにもたくさんのリクエストをいただくので、シェフ金子に復活を頼むと「そんなに簡単に言うなよ」。これは「還暦」に次ぐ出番の多いセリフです。


ただ、ランチ営業をやっていたコロナ前までは、まかないを食べる時間も10分ほど、ほとんど休憩なしで夜の営業に突入する、というバッタバタの日々を過ごしていて、私もそれ以上強くは言えませんでした。


しかし今は、心と時間に余裕が持てるようになりました。勘もいいけど耳もいい私(!)、厨房で仕込みをしながら、営業再開に向けてメニューを相談しているスーシェフ香田とシェフ金子が「思う存分、スープ・ド・ポアソン飲みたいですね」「いやー、俺もそう思ってたんだよ!」とコソコソ話しているのを、聞き逃すわけがありません。


あれほどお客様からご要望をいただいてもビクともしなかったのに、自分たちが食べたいからとメニューに復活させるのは、私としては甚だ納得がいきません。でも久しぶりの登場を喜び「お酒が飲めなくても、スープ・ド・ポアソンが飲めたから来てよかった」、そんな泣かせることを言ってくださるお客様の温かい言葉に、「ま、よしとするか」とつい寛大になってしまう私なのでした。


あとは、スープ・ド・ポアソンがメニューから消えないようにするのが、私に課せられた重大なミッションです。

最新記事

すべて表示