2022年の誓い

やっと、長い長いトンネルから抜け出すことができました。


サン ル スーにとって「年末のおせちづくり」は、とてつもない超難関の大仕事で、その大変さとプレッシャーに、「もう、今年で終わりにしよう」と毎年、心の中で決心するのです。


が、なんとかおせちを作り終えて大晦日を迎え、引き取りに来てくださるお客様の「楽しみです!」とおっしゃる満面の笑顔を見たり、「お疲れ様でした。本当にありがとう!」などと労いのお言葉をいただいたりすると、「これだから、おせちはやめられない!」と、一夜にして一大決心はどこかへ吹き飛んでしまいます。


この大変さを乗り切った達成感と解放感といったら半端なく、何より、すべてを終えて自宅に戻り、つまみやら年越しそばやらを従えて飲む、お疲れさんのビールのおいしいことといったらもう、たとえようがありません。


一方、スーシェフ香田は理解ある愛妻とともに、打ち上げと称して、行きつけ(?)の回転寿司屋さんに行くのを、一年の締めくくりとして何より楽しみにしています。


この充実感を味わうために、「またおせち、やろう!」と、不謹慎極まりない我々です。



さて、年が明けてから「年末の大掃除」をし、年末に手をつけられなかったこまごまとした残務処理に没頭していたら、ハッと気づくともうすでに1月半ば! 


私のつたないブログも、なんとか一年経ちました。何かにつけ、ネガティブな性格の私は「私の書いたものなんて、誰が読むっていうの?」といつも疑心暗鬼になってしまうのですが、「ブログ、楽しみにしています」などと、サン ル スー自慢の善良なお客様から温かい言葉をかけていただくと、「もうちょっと頑張ってみようかな?」……現金で変わり身の早い性格は、今年もまた変わらずです。


サン ル スーの年頭のミーティングで決まったことは「〈普通〉のものを〈ちゃんと〉作り続ける」です。簡単なようで、とても難しいことです。


そして、今頃になって誠に遅すぎる挨拶ではありますが……今年もどうぞよろしくお願いします!

最新記事

すべて表示